地方の声の響く政治@


2017/08/19

本格的な出水期、十分な注意を

昨夜、事務所で仕事をしていると急に強い雨音が聞こえ、外に出るとすぐにずぶ濡れになるような豪雨でした。カミナリも鳴っている。

さすがに帰れないので今後の気象状況を知りたいと、スマホのアプリを探すと、局地的な雨雲レーダーの分かるものがありました。ヤフーの天気アプリです。
これは今後の雨雲の動きや、雨量が色付けされていて、分かりやすく表示されるという優れものです。

どうやら30分も待てば雨雲が通過するようなので、それを信じて待っていたら案の定小雨になり、大して濡れることなく帰ることができました。

さっきまでの、豪雨のなかで車を運転すれば危険な目に遭うところでした。いつまで降り続けるかわからないまま待つことは不安が募るものですが、それも緩和されます。

今日も、水戸市内で何カ所か夏祭りがありましたが、昨日同様に急に豪雨があり、早速このアプリが役立ちました。是非お試し下さい。

茨城県知事選挙では、関係するところの街頭演説に駆付けていますが、多くの人にご参加いただくので俄か雨は大敵です。でも、十分な準備とともに、気合で頑張ります。

中央道で土砂崩れ事故、11人搬送し6人が重軽傷というニュースもありました。一昨年のような豪雨災害が発生しないように願うばかりです。

鬼怒川緊急対策プロジェクトは着実に進められています。

2017/08/18

県議補選出陣式にて、金子てるひさ、大井川かずひこ、

前県議の神達岳志さんが市長選に出馬したことに伴って実施される、県議選常総市選挙区補選が告示されました。
茨城市町村政策研究会の仲間である、市議の金子晃久さん(33)が自民公認で立候補したので、出陣式に参加しました。

金子晃久さんと一緒に活動して感じるのは、この若さで既に市議2期目になっており、政治にかける強い意欲のある優れた政治家であるということです。
本人の資質とともに、本日の出陣式に多くの国会議員や県議会議員が応援に駆けつけたことに現れているように、広いネットワークを有していることが強味です。
県議会議員の仕事は県政全般の政策に取組むとともに、地元と県を繋ぐパイプ役としての役割があることから、十分その期待に応えるための武器となります。

今日の出陣式で特筆すべきは、県知事候補の大井川かずひこさんが参加されて、ともに茨城県の発展を誓っていたことです。
27日には大井川新知事、金子新県議が誕生して、新しい活力のある茨城づくりを推進してもらいたいものです。

27日投開票ですが、明日から期日前投票ができます。この常総市選挙区は、既に始まっている知事選の期日前投票の投票率が低い状況ですが、これは今日の県議補選を待って投票しようとしている人がたくさんいると分析されています。

どうか積極的に期日前投票を活用して、投票率を押し上てください。


2017/08/10

茨城県知事選挙 大井川かずひこ出陣

いよいよ茨城県知事選挙がスタートしました。大井川かずひこ候補は、水戸東照宮での必勝祈願祭から、水戸駅前での出陣式、日立市での県北出陣式、つくば市でも県南・県西出陣式が行なわれ、一緒に行動してきました。

何れの会場も熱気に溢れており、茨城の未来を拓く、新しいリーダーを選出しようという気概を感じました。

朗報として、政策協定を結んで支援していた山口伸樹笠間市長をはじめとする6人の首長に加えて、常陸太田市の大久保太一市長が新たに加わったことが報告されました。早速、日立市での出陣式に参加されました。

水戸駅前での出陣式には、以前に大井川候補と対談した俳優の渡辺裕之が応援に駆けつけてくれました。郷土の発展への期待が述べられ、結びのファイト~イッパツの掛け声で、さらに陣営が引き締まりました。

県北出陣式には、大井川候補の学校の先輩でもある公明党の山口那津男代表が応援に来られました。出身も近くのひたちなか市ということもあり、大いに盛り上がっていました。

つくば市 グラント東雲での出陣式も、広い会場に入りきれない程に盛況で、梶山弘志 地方創生担当大臣をはじめとする国会議員、県会議員、地元の市町村議員も大勢参加されて、力強い前進を感じました。

明日から、知人・友人への声かけ運動で支援の輪を広げて下さい。
投票率アップも重要な意味を持っています。積極的に期日前投票を行ないましょう。



2017/08/02

茨城県央地域における事業促進に関する要望

県央地域首長懇話会(座長:高橋 靖 水戸市長)の皆様方が、要望活動で国土交通省と財務省を訪問されましたので、地元選出国会議員として同行し要望させて頂きました。
 県央地域首長懇話会は広域連携のもと、定住自立圏構想など地域の発展に資する事業を展開され、今年度は社会資本総合整備事業の推進、国道6号線の早期整備、那珂川水系の整備促進、地域鉄道の安全輸送に関する支援、道路財源かさ上げ継続に関する要望等でした。
 地元の声を国に伝えるのも、私たちの重要な役割です。地元の首長の皆様と連携してしっかり行動してまいります。
石井 啓一 国土交通大臣



国土交通省 麦島 健志 総括監察官

国土交通省 石川 雄一 道路局長

財務省 大塚 拓 副大臣