地方の声の響く政治@


2017/07/25

那珂川沿岸農業水利事業推進協議会・那珂川改修期成同盟会 中央要望

 那珂川沿岸農業水利事業推進協議会(会長:本間源基 ひたちなか市長)、那珂川改修期成同盟会(会長:高橋 靖 水戸市長)の皆さま方が、要望活動で農林水産省や財務省、国土交通省を訪問されましたので、地元選出国会議員として同行し、要望させて頂きました。

 那珂川沿岸農業水利事業推進協議会の要望は、農業農村整備事業予算の確保等で、那珂川改修期成同盟会の要望は、那珂川水系改修事業の促進です。

 農業産出額で全国2位にある茨城県がさらに競争力のある、強い農業県となるためには、基盤整備を進め効率的な作業環境を実現する必要があります。民主党政権時代に大きく予算が削減されて、計画的な基盤整備が遅れてしまった分を取り戻すことは大変ですが粘り強く頑張ります。

 那珂川の改修は、一昨年の関東・東北豪雨災害で甚大な被害を被ったことや、現在も九州や東北で豪雨による大きな被害が発生しているなかで、喫緊の課題であります。
 那珂川における無堤地区の整備などは、洪水対策のためにたいへん重要ですので、今後も地元の皆さまと連携して、しっかり行動してまいります。
農林水産省 矢倉 克夫 大臣政務官

農林水産省 室本 隆司 農村振興局次長

財務省 中山 光輝 主計官(国土交通、公共事業総括係担当)

国土交通省 石井 啓一 大臣


国土交通省 石井 啓一 大臣

2017/06/22

日EU等経済協定対策本部 第一グループ

 私が幹事を務めている、日・EU経済協定対策本部 第一グループ(外交)の第二回会合が開催されました。
 国会閉会中にも関わらず、多くの党所属の議員が会合に出席され、党としての日EUEPA(経済協定)に対する対応に関する熱い議論が交わされました。
 アメリカ等が保護主義的な動きをみせる中で、日・EUが自由貿易を強く推進していく必要があります。自由貿易でイニシアティブをとり、新たな国際ルール作りへ積極的に参画していくべきです。
 また、経済協定交渉においては、日本企業の利益及び日本国の国益を不当に損なわれることのないようタフな交渉が求められ、如何に日本側の強い姿勢を示していくか、各議員から様々な意見が出されました。
 今後、この議論をさらに深めていきます。



2017/06/16

第193回 通常国会閉会

 1月20日から6月18日までの第193回 通常国会が閉会します。国会の閉会に際し、本日は全ての委員会、本会議で開会手続きがされました。
 今国会では「天皇陛下ご退位の特例法」や「テロ等準備罪処罰法案」等、様々な法案が可決成立しましたが、それは別の機会に纏めて記させて頂きたいと思います。
 さて先述しましたが、本日は全ての委員会が開会され、私の所属する国土交通委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会、総務委員会(理事)も開かれました。
 各委員会のみならず本会議にも民進党の議員は姿を見せませんでしたが、何を考えているのでしょうか。
 これで、閉会中の政調会など必要に応じて上京する時以外は、毎日国会に通うようなことはなくなりますので、地元選挙区での時間が取れる様になります。
 秋には臨時国会が開会されるものと思われますが、それまでは積極的に皆さまと交流して、地域の課題に取り組みたいと思っていますので、宜しくお願い申し上げます。
国会の閉会に際し、本日は全ての委員会、本会議が開会されます。

国土交通委員会

科学技術・イノベーション推進特別委員会

総務委員会

2017/06/15

日・EU等経済協定対策本部 第一グループ 第1回会合

 自民党本部において、日・EU等経済協定対策本部第1グループの第1回の会合が開催されました。
 EUは、我が国にとって基本的価値を共有する重要なグローバルパートナーであり、日EUEPA(経済協定)は早期に進展させるべき重要な課題です。
7月上旬には、ドイツで開催されるG20首脳会議に合わせて日欧首脳会談を開く予定です。同会談を前に、党として協定が与える影響や対策を議論して対応を取りまとめる必要があり、私は党法務部会長代理として、対策本部第1グループ幹事に就任させて頂きました。